殿村栄一の日記

sousouan44.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

末木夫妻のコーナー

きこきこ商店の末木さんのコーナーです。

c0195006_20524318.jpg



階段を上るとそこは…

c0195006_20532018.jpg


こんな可愛い絵を書くのですが…

c0195006_20535347.jpg


こんな不思議な作品も…

c0195006_20542441.jpg


旦那さんがせっせと拵えた豆本たち。

c0195006_20552172.jpg


もっと小さな豆本。


今日と明日は本業?で会場には姿を見せません。
末木さんのお客さん、ごめんなさい。




c0195006_20571777.jpg


まだまだ寒さの残る札幌の月。
来週の京都ではどんな月が見えるのかなぁ…


[PR]
by sousouan44 | 2010-04-24 20:59 | 会場風景

札幌三人展

札幌での展覧会が始まりました。
昨年は乗り物などの『私の好きなもの』を描いた展覧会でした。
今年は、以前ブログで紹介しました豆本『鬼っ子むぅ』の発表会です。
かなり寒い日が続き、お客さんの入りはまだ少なめですが
ご覧いただいた方々には中々評判です。

c0195006_8532255.jpg


石の蔵ギャラリー はやし
この時分の景色が好きです。

c0195006_8541536.jpg


看板にも灯りがともります。

c0195006_855156.jpg


クラシカルで温かさを感じる玄関。

c0195006_8555071.jpg


今回、絵を架けて気が付いたことがあります。

c0195006_8564863.jpg


『鬼っ子むぅ』の原画なので、額の絵一点一点が頁をめくるように流れを持っていること。自分で言うのもなんですが、楽しめます。

c0195006_8584227.jpg


友達姉弟からお花。いつもありがとう。

c0195006_8593923.jpg


新しい主人公での新刊は、今回の相棒、末木さんの不眠不休の仕事により製本されました。末木さん、ありがとう。



明日は末木夫妻の会場を紹介します。


[PR]
by sousouan44 | 2010-04-24 09:04 | 会場風景

三たび、美好野へ…

昨夜は小倉の仲間から宴の誘い。
お店は?と訊くと美好野なんぞ如何でしょう?と…
いいねぇ行きましょう…となり、三夜連続の美好野詣でとなりました。

c0195006_6434100.jpg


親父の代から始まって今、我々も小倉の人たちも新しい世代に移り変わりました。
この人達がいるから小倉に来よう…というメンバーです。
まだまだ、そういう仲間やお世話になっている人がいます。
不安定な時代ですが『また来年』を約束してきました。
待っていてくださる場所があることに感謝しつつ…


[PR]
by sousouan44 | 2010-04-20 06:48 | 仲間

美好野ふたたび…

日曜日…の割りには人出が少ない一日でした。
気が付けば、今日と明日を残すばかり。
思っていた以上に過ぎるのが早い小倉の時間。
札幌、そして京都へと気持ちが馳せつつ、あと二日。
小倉に全力投球です。

それでもって昨夜は…また美好野へ…o(^ヮ^)o

c0195006_603929.jpg


白地に墨でくっきりと、それも江戸文字で美好野。
私ばかりでなく、江戸の衆が通うのも、この辺りから始まっている気がします。

c0195006_623327.jpg


皮の酢の物。絶品!ダブルで注文する方も少なくありません。

c0195006_645920.jpg


片身揚げ。皮はパリパリ。身はジューシーな部分も淡白な味も楽しめて最高です。

c0195006_664173.jpg


〆は鶏茶漬け。問答無用( ̄^ ̄)



一日を小倉のお客さんと過ごし、気の置けぬ仲間との時間。
そこに加わる会話は楽しくありたいもの。美好野の親父さん、お母さん、お嫁さんの
言葉のボール回しは絶にして妙なる会話。お調子者の私もついつい口数が増えて
食べることを忘れるほどです。ありがとうございました。


[PR]
by sousouan44 | 2010-04-19 06:16 | お気に入り

美好野

c0195006_22151866.jpg


七時閉店。美好野へと足早に…

c0195006_22202180.jpg


父さん、母さん、お嫁さん…一心不乱に働く。すべてはお客さんの笑顔のために。
二階では倅さんがお客の目線に目を光らせています。

c0195006_22223034.jpg


申し訳ありませんが、気が付いたら、戴いたものの写真はこれだけでした。
ささみの刺身。おいそれと戴けるものではありません。

c0195006_22263537.jpg

一年に二~三度の訪問ですが、良くしていただいています。
私はここの親父さんが大好き。お母さんのファンです。
世に名立たる名店『美好野』に感謝、敬意の念を抱きます。


[PR]
by sousouan44 | 2010-04-17 22:34 | お世話になってます

三日め終了

早いもので小倉巡業も明日が中日となりました。
やっと、会場風景が撮れました。
お運びのお客様、ありがとうございます。

c0195006_21373880.jpg


春のイメージでしょうか…桜色の壁面。絵を飾るには少々しんどい色かなぁ…

c0195006_2139987.jpg


積極的な質問も少なくありません。


閉店後、地元出身の友人が門司の港近くのお店まで
食事に連れて行ってくれました。美味しかった、ありがとう、ご馳走様。

c0195006_21412711.jpg


関門海峡に浮かぶ月。
さすが九州。七時半でまだ空が蒼い。
札幌、京都の空はもう暗くなっているんだろなぁ…


[PR]
by sousouan44 | 2010-04-16 21:42 | 会場風景

ニャロメ…?

居酒屋のカウンターにニャロメ(?)がいた。
何も魂胆はありません…と嘘ついてるのがバレバレである。

c0195006_7175078.jpg


この目はあきらかに何か企んでいる。

c0195006_7183686.jpg


こら! それは俺たちのだぞ!!


[PR]
by sousouan44 | 2010-04-16 07:22 | お気に入り

小倉へ…


c0195006_525018.jpg


旅の準備、セット完了(o^-’)b

c0195006_527139.jpg


今更…ですが、時速300キロ、その速さを改めて感じました。窓際の風景が怖いほど早い。



足掛け三週間のツアー開幕。
バタバタの初日、会場の風景は撮りそこねてしまったので又あした…
いつも支えてくださるお客さんとの一日を終えて八幡へ。
小倉から鹿児島本線の電車で10分ほど。
駅前にある『ら・かんぱあにゅ』は体のことを大切に考えている食事処。
c0195006_5345830.jpg


看板はゴツイのですが、優しい空間です。

c0195006_5361868.jpg


歓迎のご馳走。
アスパラの胡麻和え、ぬた、関鯖のおつくり、そして合馬の筍。
どれも優しい味付けを焼酎で戴きました。

c0195006_5404378.jpg


女将さんとは、かれこれ20年のお付き合いにならんとしています。
たくさんの温かい元気を戴きます。背中の向こうには亡き父の作品が…



小倉井筒屋の名物祭事『大江戸展』に参加させて戴いて18年が経ちました。
色んなことがありました。延々脈々と続いていることもあれば
かえってくることのない方もいらっしゃったり…
そのすべてに感謝、感謝なのですが、この大江戸展ができなくなりました…
の連絡を戴いたのが去年11月。残念、と諦めかけていたのですが
長い時間の積み重ねのある小倉に行かれないのはイカンという声が挙がり
何とかしてでも行く気持ちのある奴はいるか!?の号令に手を挙げました。
会期もずれ、会場の売り場も変わったのですが、駆けつけてくださるお客さんの
変わらぬ顔に安堵し、また感謝しています。
あと6日間。精一杯務めます。応援よろしく。


[PR]
by sousouan44 | 2010-04-15 06:02 | お世話になってます

海の春…

先日のことですが、目の前の浜で、赤潮が発生しました。
私は夏特有の現象かと思っていたのですが
これは春の訪れ…とも言えることなのだそうです。
おどろおどろしい光景にも見えますが
海にも春がやってきたようです。

c0195006_1334124.jpg

大量のプランクトンの死骸だとか…
小さな魚が呼吸困難になることもあるのだそうです。
随分と怖いもので春を予感するのだなぁ…


[PR]
by sousouan44 | 2010-04-12 13:37

札幌三人展

札幌のご案内です。
四月の二十二日からキコキコ商店の末木夫妻との三人展です。
私は、新刊・豆本『鬼っ子むぅ』とその原画を展示、即売します。
お近くの方は是非遊びにいらしてください。

c0195006_8365932.jpg

c0195006_8371998.jpg
[PR]
by sousouan44 | 2010-04-11 08:38 | スケジュール